第36回・山形鶴翔同窓会懇親会

  懇親会の司会も佐藤政士実行委員長(昭和49年卒)が担当、自ら実行委員長の挨拶もこなす多彩な一面をみせ、高らかに『台風の影響で足元の悪いなか、お忙しい中を母校・鶴岡南高校鶴翔同窓会、滝川副会長、鶴岡南高校校長・石川真澄校長はじめ多くのご来賓の方々のご臨席を仰ぎ本会を開催出来ます事は我々にとりまして大きな喜びであります。誠に有難う御座います。今回の参加者は90名を超えて100名に迫るという参加者数でありました。ご参加の皆様には改めて厚く御礼申し上げます。それでは山形鶴翔同窓会の更なる発展を期待して開会の挨拶をさせて頂きます。これより、平成30年度第36回山形鶴翔同窓会の懇親会を始めます。どうぞよろしくお願い致します。』と懇親会の開始を宣言。(全文の動画は別掲)
 次いで、来賓の鶴翔同窓会滝川義朗副会長、鶴岡南高等学校石川真澄校長、鶴工城畔同窓会阿部末男山形支部長、同原田昇顧問、庄内藩酒井家18代当主致道博物館酒井忠久館長が紹介され、鶴翔同窓会滝川義朗副会長、鶴岡南高等学校石川真澄校長、致道博物館酒井忠久館長の順に登壇し挨拶された。
 最初に登壇した滝川義朗副会長は・・『こんばんは。昨日は鶴岡すごい風でした。切添の駅のポールが折れて消防や警察が出動する程の状況でしたが、さすが出羽三山から守られている鶴岡市、甚大な被害もなく今日は天気も良く、30度を超える暑さでしたが道のりも順調で私も山形まで来れました。日頃は同窓会活動に皆様からご協力を頂き大変有難うございます。また今日は斎藤正志会長が所用のため、副会長の若輩ではありますが滝川が参りました。さていつもここに来ますと90名から100名の方が参加なされて凄い山形鶴翔同窓会のパワーを感じます。これからは懇親の場で楽しくやっていきたいと思います。』と挨拶。(全文の動画は別掲)

 続き鶴岡南高等学校石川真澄校長は『皆様こんばんは。平成30年度、山形鶴翔同窓会懇親会の席で御座いますが母校を代表しまして一言ご挨拶申し上げます。ご参会の皆様におかれましては日頃より本校の取組に致しまして強力なご協力、ご支援を頂きまして誠に有難う御座います。心より感謝いたしております。7月1日に行われました創立130周年記念事業につきましては山形鶴翔同窓会から朝井会長はじめ多くの方々にご隣席頂きました。本当に有難う御座いました。お陰様で盛大に成功裡に終わることが出来ました。感謝申し上げたいと思います。 先程紹介頂きましたが、私この度京谷校長の後任として赴任いたしました石川真澄と申します。本校、鶴翔同窓会の方にも85回卒として加わらせて頂いておりますがこうして母校の皆様を前にこうしたお話をさせて頂くと言うのは有り難い事ではありますが緊張しておりまして何を喋っていいのか分からない部分もあるのですが最後までお付き合い頂ければと思います。 まず私の役目として本校の現状についてと言うことで話しをさせて頂くのが筋なのかなと思いますので簡単に本校の昨年度、そして今年度の状況についてご説明させて頂きたいと思います。』と挨拶。(全文の動画は別掲)
 次いで致道博物館酒井忠久館長が『ただいまご紹介に預かりました第72回、昭和40年卒の酒井でございます。本日は同期の朝井会長からお誘いを受けて出席させて頂きました。以前に何十年前か、一度山形鶴翔会さんにお邪魔してお話しをさせて頂いた事がございます。その事を思い出しながらこの席に立っておるところで御座います。この度は平成30年度第36回山形鶴翔同窓会総会・懇親会が盛大に行われること心からお祝い申し上げたいと思います。そして母校である鶴岡南高校が創立130周年を迎えた事も心から御目出度う御座います。先程来、南校の色々な業績を伺いました。一同窓会員として心強く思っている次第です。私も一時同窓会の事業に関わっておりましたが、母校がこのように色々と活躍される事を心から喜んでいるところです。』と挨拶された。(全文の動画は別掲)

 次いで前会長の池田惇さん(昭和39年卒)の発声で乾杯し懇親会がスタートした。(全文の動画は別掲)
 暫時懇親に移り、司会から15-15運動の説明があり、その間、先般の母校130周年記念行事で演じられた旧鶴岡中学時代からの校歌や校歌演舞を撮影したDVDが大スクリーンに上映された。
 暫時懇親が進む中、今後の同窓会の発展に大きな力となる平成年度卒業の若手の交友を代表し鈴木裕美子さん(平成11年卒)、伊藤大貴さん(平成24年卒)、土田直美さん(平成19年卒)、菅太一さん(平成23年卒)が登壇し近況について話された。

               

 しばし懇談の後、事務局長の齋藤志直さんから次年度の実行委員として昭和50年、51年、52年卒業の校友が紹介され、代表して我妻壽一さん(昭和50年卒)が『次回の総会も会員皆さんの協力を得ながら成功させよう』と挨拶した。


 宴も終盤に至り、佐藤恵子さん(昭和48年卒)の指揮、櫻田庸子さん(昭和45年卒)の伴奏で全員が肩を組み、円陣を作り「鳳嶺月峰」を熱唱し盛り上りもピークに。(動画は別掲)
 続き東海林研さん(平成15年卒)が鶴工城畔同窓会、母校、鶴翔同窓会にエールを送りさらに盛り上がった。(動画は別掲)
 最後に加賀山隆士さん(昭和34年卒)の音頭で万歳を三唱、実行委員長の閉会の言葉で有意義な懇親会は閉会となった。(動画は別掲)

山形鶴翔同窓会・第36回総会・懇親会出席者(卒業年度順)
滝川 義朗 来賓 石川 真澄 来賓 阿部 末男 来賓 原田 昇 来賓
酒井 忠久 来賓 萬年 良一 昭和29 渡部  功 昭和32 大山 駿次 昭和34
加賀山隆士 昭和34 忠鉢  元 昭和34 清野  功 昭和34 伊藤 健司 昭和34
齋藤 知行 昭和37 池田  惇 昭和39 大滝 雅春 昭和40 佐藤 欣哉 昭和40
朝井 正夫 昭和40 坂野  信 昭和40 加藤 徹三 昭和41 尾形 健明 昭和41
本間  努 昭和42 富樫 俊二 昭和42 平川 秀紀 昭和43 後藤 京子 昭和44
保科 幸夫 昭和44 武山 勝士 昭和44 齋藤 志直 昭和45 渡辺 眞史 昭和45
池田  孝 昭和45 三浦 照子 昭和45 櫻田 庸子 昭和45 伊藤  孝 昭和46
大滝 誠子 昭和46 佐藤 裕司 昭和46 齋藤  豊 昭和46 川安  賢 昭和46
金内 良一 昭和46 鈴木  悟 昭和47 辻   健 昭和48 阿部  恵 昭和48
大江 義和 昭和48 佐藤 秀明 昭和48 佐藤 恵子 昭和48 秋場 美晴 昭和48
廣瀬  渉 昭和48 佐藤 政士 昭和49 伊藤 兵一 昭和49 我妻 壽一 昭和50
柿崎  洋 昭和50 佐藤 恒治 昭和51 上野 雅史 昭和51 瀬尾 雅広 昭和51
五十嵐 晋 昭和52 三浦 秀吉 昭和54 百瀬 克浩 昭和54 菅原 靖男 昭和55
小松 幸樹 昭和55 青塚  晃 昭和55 菅谷 明浩 昭和56 小池 直之 昭和56
伊藤 聡子 昭和57 櫻井  晋 昭和58 橋本 慶昭 昭和58 多田 佳明 昭和59
長谷川五月 昭和59 渡部  浩 昭和59 太田 義則 昭和60 村上 周市 昭和61
小松   健 昭和61 菅原   聡 昭和62 柴田百合子 昭和62 萬年 慎也 昭和63
白澤 司朗 平成2 茅野  誠 平成3 山科 宏幸 平成3 佐藤 祐人 平成3
古野 伸典 平成3 朝岡  類 平成4 孫谷 直行 平成4 佐藤 広典 平成5
上野 義明 平成6 今野 功也 平成7 門脇 正悟 平成10 佐藤 良子 平成10
鈴木裕美子 平成11 三浦 知洋 平成13 東海林 研 平成15 森屋 直樹 平成15
五十嵐紹彦 平成16 土田 直美 平成19 山口周一郎 平成21 菅  太一 平成23
伊藤 大貴 平成24