第40回 山形鶴翔同窓会総会 本部鶴翔同窓会会長挨拶

   令和4年度第40会山形鶴翔同窓会総会に向けて一言ご挨拶申し上げます。
 山形鶴翔同窓会の皆様、コロナ禍の中、同窓会活動も停滞しておりますが、そんな中でも皆様におかれましては、鶴翔同窓会ならびに鶴岡南高校へのご支援ご協力に感謝し申し下げます。この6月に発刊になった「会員名簿」に対して多数の皆様からの賛助広告や名簿の購入を頂き有難う御座いました。今回の名簿は3月に閉課程になった通信制の最後の卒業生を含む内容と今後中高一貫校へ移行される訳であり、「鶴岡南高:並びに「鶴翔同窓会」の名称で発刊される最後の版となりました。ご協力に感謝申し上げます。
 新校への移行に関しては9月からは仮設校舎での授業も始まっており、先月には新校名も「致道館」に決まり、着々と準備が進められております。校名に鶴岡が入らないのが個人的には残念に思うところです。
 また、鶴翔同窓会においては北高同窓会との統合の打ち合わせも回を重ねながら慎重に進めているところです。
 コロナの状況は今月に入り第8波の様相を呈して来ており心配されます。本来であれば40周年総会に出席させて頂き、皆様と共にお祝すべきでありますが、やむなく欠席させていただきます。
 最後になりますが、山形鶴翔同窓会の益々の発展と会員の皆様のご活躍とご健勝をお祈り致しまして挨拶とさせて頂きます。
 
  鶴翔同窓会会長 齋藤正志